自宅での自己処理がめんどくさくなってきた人におすすめ情報発信!

- ムダ毛の自己処理はデメリットだらけ

ムダ毛の自己処理はデメリットだらけ

ムダ毛の自己処理って面倒くさいと多くの女性が思っているでしょう。
苦労して自己処理をしてもまたすぐに生えてきてしまいます。
そのくせ自己処理後の肌はガザガザになったり黒ずんでしまったり、ボツボツになったり・・・と満足出来るベルではありません。
それは間違った自己処理が原因かもしれません。自己処理の正しいやり方について説明したいと思います。

ムダ毛の自己処理の種類について

カミソリで自己処理しているという人は多いでしょう。一番簡単でほぼ全身のムダ毛を処理する事が可能です。
手間もそれほどかかりません。ただしカミソリの刃は肌の表面を傷つけてしまうため肌へのダメージは大きく、またチクチクしてすぐに生えてきてしまいます。
カミソリで剃って毛が太くなるという事はありませんが、カミソリにより毛の断面広くなり太く見えてしまいます。
また色素沈着の原因にもなってしまいます。

毛抜きは根毛から抜くため1度抜くとある程度の期間はムダ毛は生えてきません。
しかし1本1本手で抜くとは大変な労力がかかってしまいます。
また毛の抜く時に毛穴が広がってしまうので肌へのダメージが大きく肌の表面がボツボツになってしまいます。
また毛が皮膚の中に埋没してしまう埋没毛も毛抜きが原因です。

除毛クリームは表面の毛を除毛クリームが溶かすので肌はすべすべになります。
ただし表面の毛を溶かしただけなので効果は短くすぐに毛が生えてきてしまいます。
そして薬剤が強いので敏感肌の人はお勧め出来ません。

家庭用脱毛器は根毛から抜くので長持ちします。そして肌へのダメージは少ないのでムダ毛の中では一番効率的な方法です。
ただし家庭用脱毛器はお金がかかります。長い目で見ると脱毛エステサロンに通った方が安いとも言われています。

ムダ毛の自己処理では満足できない

結論から言えばムダ毛の自己処理の種類はいろいろあり、それぞれメリットとデメリットがありますがどれも満足出来ないという結果になります。
今は脱毛エステサロンの全身脱毛の料金もかなり価格が下がってきています。
業界最安値と言われるキレイモのフラッシュと呼ばれる脱毛だと肌へのダメージは少なく、コストパフォーマンスに優れています。
KIREIMOは10年から15年の脱毛効果あるので、15年というスパンでコストパフォーマンスを考えると自己処理よりも安くムダな時間がかかりません。
だからこそ、自己処理を選ばずに脱毛エステサロンで全身脱毛をする女性の数が増加傾向にあるのでしょう。

更新情報